カジノカフェと認識されてしまう事例

カジノカフェ

実際にカジノカフェとして利用されていることがなければ、摘発されることはありませんし、利用している人が逮捕されるなどの事例もありません。しかしそうしたことが起きてしまうのが現実にはあります。どのような方法になると逮捕されるのかを知っておくことはかなり大事になっていて、これによる逮捕の問題についても理解しておくことになります。

店内でオンラインカジノを利用させていればカジノカフェ扱い

店として運営していて、オンラインカジノによってカジノ賭博を行わせていたことがわかっている場合、このケースでは店内でオンラインカジノを行わせたとしてカジノカフェ扱いになります。店として運営していることは、賭博によって利益を作ろうとしている部分を持っていますので、このような問題が起きている場合は直ちに摘発を行うようにして、何らかの証拠を元に逮捕していることが多いのです。
店としてこうした方法を採用させないようにしていることは、オンラインカジノから気づかれてしまうケースが多いほか、何らかの形で証拠が見つかってしまうなどの問題もあり、最近はカジノカフェとして行っている店は減りつつあります。

個人宅カジノ

個人宅で行われていても可能性はある

次に個人宅で行われているケースについてです。このケースについては、基本的に個人的に行っていることではありますが、オンラインカジノを利用して賭け事を行なって、その上で日本国内で精算していると判断されている事例は、カジノカフェを個人運営していると判断されて摘発される対象になってしまいます。
これについては、逮捕される可能性も十分にありますし、もしかしたら気づかれないまま続けることが出来るかもしれません。個人まで手が回っていかないなどの問題もあり、自宅で行っているケースは気づかれにくい点もあります。しかし分かってしまえば一緒のことですから、色々な問題が出やすいとされています。

スロットマシーン

個人でオンラインカジノをしているだけでは発生しない

オンラインカジノをただ個人で利用している分には、カジノカフェとして捉えられることはありませんし、むしろ怪しいような状況になってしまうケースが見当たらないので、逮捕されることは滅多にありません。
カジノカフェの概念としては、個人でも店としても行っていることではありますが、それ以上に日本国内でお金の精算を行っていて、賭博をしていることがわかりきっているケースに限ります。これがわからない場合は摘発されません。