大手の優良ネットカジノが違法な不正行為をできない決定的な理由

「ネットカジノはイカサマをしてません」「ネットカジノで不正行為はできないことになっています」などと言われても、信用できない方も多いかと思います。
やはりオンラインという特性上、イカサマは簡単にできるのではないか?と疑心暗鬼になってしまうのも仕方ありません。
しかし大手の優良ネットカジノでは、絶対に違法な不正行為はできません

これを断言できるのには理由があります。
そこで今回は、大手の優良ネットカジノが違法な不正行為をできない決定的な理由についていくつかご紹介していきます。
違法な不正行為をして収益を上げようと考えても、それをできない理由があるのです。

ライセンス剥奪による損失があまりにも大き過ぎる

ライセンス剥奪による損失があまりにも大き過ぎる
ネットカジノ運営には、合法国にてネットカジノライセンスを取得しなければいけなく、ライセンス不所持は違法行為であり、摘発の対象となります。
このネットカジノライセンスですが、取得するためには莫大な時間と費用が必要で、そう簡単に発行してもらえるものではありません。
数多くのルールが定められており、また運営する企業の信頼と実績も考慮され、やっとの思いでライセンスを発行してもらえます。

逆にライセンスの剥奪は非常に呆気ないもので、少しでも不正行為が疑われることで、簡単にライセンスの効力を失い、ネットカジノ運営ができなくなります。
そこまで労力と費用をかけて発行してもらったライセンスを、不正行為で剥奪されてしまえば、あまりにも損失が大き過ぎます。
このことから、大手の優良ネットカジノでは、違法な不正行為は絶対にできないのです。

第三者機関による厳しい監視

大手の優良ネットカジノが所持するライセンスを維持するためには、第三者機関による厳しい監視を受けなければいけません。
監視が義務付けられていないライセンスもありますが、大手ネットカジノではほぼ確実に第三者機関による監視を受けています。

サイト内のパトロールはもちろん、ソフトウェアを不正にプログラミングされていないか、入出金は正常に行われているか、などを徹底的に監視しています。
言うならば、不正行為ができる余地が全く無いのです。

万が一第三者機関によって不正行為がバレてしまうと、もちろんライセンスの剥奪となり、二度とその国からライセンスを発行してもらうことができなくなります。

ソフトウェアは別会社が開発

ソフトウェアは別会社が開発
ネットカジノのソフトウェア、つまりゲームそのものは、運営側が開発するのではなく、別会社から購入する形をとっています。
これはライセンスのルールにおいて決められていることで、ネットカジノ運営側がソフトウェア開発をしてはいけないことになっているからです。
ソフトウェア会社から購入したゲームは、ネットカジノ運営側がプログラミングをいじることは絶対にできません。

「でもソフトウェア会社と手を組めば、簡単に不正行為ができるのでは?」とお思いかもしれませんが、それも絶対に不可能です。
ソフトウェア会社には、ゲームの開発段階から常に第三者機関による監視を受けており、不正行為はできないのです。

ペイアウト率の高さから多数のプレイヤー確保が必須

ペイアウト率の高さから多数のプレイヤー確保が必須
ペイアウト率というのは、プレイヤーが投資した金額に対していくら還元されるのをパーセンテージにした数字のことで、数字が高ければ高いほどプレイヤーが有利になります。
還元率とも呼ばれることがあります。

例えばペイアウト率85%だった場合、10,000円を投資することで8,500円が戻ってくる計算になります。
もちろんあくまでも平均であり、全額失うこともあれば、莫大な金額が戻ってくることもあります。
ネットカジノのペイアウト率は約97%と言われており、他のギャンブルと比較して非常に高い水準です。

ここまでペイアウト率が高いと、少しでも多くのプレイヤー確保が必須であり、不正行為をしてサイトの信頼を落としてしまったら、プレイヤーがどんどん離れてしまいます。
プレイヤーが少なくなれば、高いペイアウト率から収益を得るのが難しくなり、その結果運営資金が底をつき、サイト閉鎖の事態を招いてしまうのです。

まとめ

今回は、大手の優良ネットカジノが違法な不正行為をできない決定的な理由についてご紹介させていただきましたが、これで絶対に違法な不正行為ができないことをご理解いただけたかと思います。
ネットカジノと聞きますと、簡単に不正行為ができてしまうというイメージを持っている方も多いかと思いますが、決してそんなことはありませんのでご安心ください。

ただしそれは合法のネットカジノのみに言えることです。
ライセンスを持たずに運営する違法ネットカジノはもちろん、信頼性の低いライセンスを持つネットカジノでは、不正行為が横行しています。
ライセンスの有無は、サイト内に必ず明記することが義務付けられていますので、登録する前に必ず確認してください。

判断が難しい場合には、ベラジョンカジノやラッキーニッキー、カジ旅、カジノシークレット、ジパングカジノのような大手のネットカジノでしたら、不正行為に疑心暗鬼することなく、安心して遊ぶことができます。