遊び方で法律上の扱いが変わる?

インカジって?

インカジは、摘発が相次いでいるということで、今ニュースでも話題となっています。
インカジは、インターネットカジノの略称です。
オンラインカジノと混同されがちですが、実は異なるものとなっています。

インカジは、ある雑居ビルなどの一室で客にパソコンの端末からネットカジノを提供しているお店です。
金銭の精算も店内で行われており、違法な店舗として摘発対象となっています。
しかし、キャッチで呼び込みをしているということもあり、こっそりと通うサラリーマンや若者の方もいて今問題となっています。

インカジって?

インカジは逮捕されるリスクが非常に高く、賭博罪となってしまいます。
店側も暴力団がらみとなっている可能性が高く、かなり危険性が高くなっています。

オンラインカジノとインカジは、具体的にどう違うの?

オンラインカジノとインカジ、具体的にどう違うのかというと、現金の精算が行う胴元が国内にあるかどうかという点です。

インカジでプレイできるゲームは海外のオンラインカジノですので、全く同じゲームをプレイする場合もありますが、オンラインカジノとインカジでは、現金のやりとりが国内で行われているかどうかで賭博罪に当たるかどうかが変わってきます。

個人でオンラインカジノをプレイする場合、これを取り締まるのは難しいですが、国内で営業している店舗の場合には、賭博罪に当たり摘発の対象となってしまいます。
オンラインカジノの場合には、精算は海外で行われ、そして海外にサーバーが置かれているので、取り締まりをするのは厳しいですが、インカジは、経営者が国内に存在するので、取り締まりの対象となります。

警察が踏み込めば、インカジは、すぐに全てを押収されてしまい、逮捕されてしまうことになります。

不正がまかり通っているインカジ

不正がまかり通っているインカジ

オンラインカジノと違い、インカジは逮捕や摘発の対象となってしまうというだけではなく、不正がまかり通っていることが非常に多いです。

オンラインカジノは第三者である監査機関が監査を行っていますので、不正やイカサマがなく、公平性が保たれています。
しかし、インカジは、機関によって監査されているわけでもなく、店側のやりたい放題となっています。
つまり、いくらでも不正が出来てしまう仕組みとなっています。

店によって、不正にゲームが操作されている可能性もありますし、プレイヤーは損をしてしまう可能性の方が高いです。

オンラインカジノは、合法?

オンラインカジノをプレイする上で、合法なのか違法なのかという点は、いつも議論となる部分です。
オンラインカジノは、カジノであるということもあり、日本国内では、摘発の対象となってしまうのではないかというイメージがあります。

しかし、オンラインカジノは、実は違法でもなければ、合法でもないというのが現状です。

オンラインカジノは、日本国内にそれを取り締まる法律というものがそもそも存在していません
日本においては、インターネットに関する法律がまだまだ整っていないのが現状で、ネットの誹謗中傷に関しても、まだこれを罰することが出来ない状態となっています。
オンラインカジノも、同じように、ネット上のギャンブルであるため、法整備がそこまで整っていないのが現状です。

オンラインカジノは、特殊な存在である

数あるギャンブルの中でも、オンラインカジノは特殊な存在となっています。
オンラインカジノはが、合法でも違法でもない理由として、オンラインカジノが、海外の業者によって運営されているからです。
海外の大手の企業などによって運営されているオンラインカジノは、当然ながら海外では合法となっています。

これを日本の法律だけで取り締まることは出来ませんし、プレイヤーだけを取り締まることは出来ません。
賭博罪を取り締まる場合、プレイヤーと胴元がどちらもを取り締まる必要がありますので、オンラインカジノは、これに当てはまらないのです。

オンラインカジノは、海外の業者が運営している、海外では合法なギャンブルですので、日本国内の位置づけがこのように難しくなっているのです。

オンラインカジノにおいてのプレイヤーの逮捕

オンラインカジノにおいてのプレイヤーの逮捕

では、オンラインカジノをプレイしても絶対に逮捕されないのではないかというと、実はそうではありません。
2016年3月には、日本国内で初めて、オンラインカジノのプレイヤーが逮捕されることになり、ニュースでも話題となりました。

しかし、結果的に、プレイヤーは裁判で争う姿勢を見せることによって、最終的に不起訴処分となり、処罰されることはありませんでした。
検察側もオンラインカジノの違法性を立証することが難しいので、このように不起訴処分としたようです。

このように、オンラインカジノのプレイヤーで逮捕者が出たものの、不起訴処分という形で終わっています。
つまり、今後摘発される可能性は極めて少ないですし、もしも摘発されてしまっても、日本の法律により、裁かれる可能性は非常に低いと考えられます。