大手の優良ネットカジノが違法な不正行為をできない決定的な理由

「ネットカジノはイカサマをしてません」「ネットカジノで不正行為はできないことになっています」などと言われても、信用できない方も多いかと思います。
やはりオンラインという特性上、イカサマは簡単にできるのではないか?と疑心暗鬼になってしまうのも仕方ありません。
しかし大手の優良ネットカジノでは、絶対に違法な不正行為はできません

これを断言できるのには理由があります。
そこで今回は、大手の優良ネットカジノが違法な不正行為をできない決定的な理由についていくつかご紹介していきます。
違法な不正行為をして収益を上げようと考えても、それをできない理由があるのです。

ライセンス剥奪による損失があまりにも大き過ぎる

ライセンス剥奪による損失があまりにも大き過ぎる
ネットカジノ運営には、合法国にてネットカジノライセンスを取得しなければいけなく、ライセンス不所持は違法行為であり、摘発の対象となります。
このネットカジノライセンスですが、取得するためには莫大な時間と費用が必要で、そう簡単に発行してもらえるものではありません。
数多くのルールが定められており、また運営する企業の信頼と実績も考慮され、やっとの思いでライセンスを発行してもらえます。

逆にライセンスの剥奪は非常に呆気ないもので、少しでも不正行為が疑われることで、簡単にライセンスの効力を失い、ネットカジノ運営ができなくなります。
そこまで労力と費用をかけて発行してもらったライセンスを、不正行為で剥奪されてしまえば、あまりにも損失が大き過ぎます。
このことから、大手の優良ネットカジノでは、違法な不正行為は絶対にできないのです。

第三者機関による厳しい監視

大手の優良ネットカジノが所持するライセンスを維持するためには、第三者機関による厳しい監視を受けなければいけません。
監視が義務付けられていないライセンスもありますが、大手ネットカジノではほぼ確実に第三者機関による監視を受けています。

サイト内のパトロールはもちろん、ソフトウェアを不正にプログラミングされていないか、入出金は正常に行われているか、などを徹底的に監視しています。
言うならば、不正行為ができる余地が全く無いのです。

万が一第三者機関によって不正行為がバレてしまうと、もちろんライセンスの剥奪となり、二度とその国からライセンスを発行してもらうことができなくなります。

ソフトウェアは別会社が開発

ソフトウェアは別会社が開発
ネットカジノのソフトウェア、つまりゲームそのものは、運営側が開発するのではなく、別会社から購入する形をとっています。
これはライセンスのルールにおいて決められていることで、ネットカジノ運営側がソフトウェア開発をしてはいけないことになっているからです。
ソフトウェア会社から購入したゲームは、ネットカジノ運営側がプログラミングをいじることは絶対にできません。

「でもソフトウェア会社と手を組めば、簡単に不正行為ができるのでは?」とお思いかもしれませんが、それも絶対に不可能です。
ソフトウェア会社には、ゲームの開発段階から常に第三者機関による監視を受けており、不正行為はできないのです。

ペイアウト率の高さから多数のプレイヤー確保が必須

ペイアウト率の高さから多数のプレイヤー確保が必須
ペイアウト率というのは、プレイヤーが投資した金額に対していくら還元されるのをパーセンテージにした数字のことで、数字が高ければ高いほどプレイヤーが有利になります。
還元率とも呼ばれることがあります。

例えばペイアウト率85%だった場合、10,000円を投資することで8,500円が戻ってくる計算になります。
もちろんあくまでも平均であり、全額失うこともあれば、莫大な金額が戻ってくることもあります。
ネットカジノのペイアウト率は約97%と言われており、他のギャンブルと比較して非常に高い水準です。

ここまでペイアウト率が高いと、少しでも多くのプレイヤー確保が必須であり、不正行為をしてサイトの信頼を落としてしまったら、プレイヤーがどんどん離れてしまいます。
プレイヤーが少なくなれば、高いペイアウト率から収益を得るのが難しくなり、その結果運営資金が底をつき、サイト閉鎖の事態を招いてしまうのです。

まとめ

今回は、大手の優良ネットカジノが違法な不正行為をできない決定的な理由についてご紹介させていただきましたが、これで絶対に違法な不正行為ができないことをご理解いただけたかと思います。
ネットカジノと聞きますと、簡単に不正行為ができてしまうというイメージを持っている方も多いかと思いますが、決してそんなことはありませんのでご安心ください。

ただしそれは合法のネットカジノのみに言えることです。
ライセンスを持たずに運営する違法ネットカジノはもちろん、信頼性の低いライセンスを持つネットカジノでは、不正行為が横行しています。
ライセンスの有無は、サイト内に必ず明記することが義務付けられていますので、登録する前に必ず確認してください。

判断が難しい場合には、ベラジョンカジノやラッキーニッキー、カジ旅、カジノシークレット、ジパングカジノのような大手のネットカジノでしたら、不正行為に疑心暗鬼することなく、安心して遊ぶことができます。

スロットの確率を知りプログレッシブジャックポットで大金を狙う

オンラインのスロットマシンは大きく分けて2種類あります。
ジャックポット機能を搭載した機種、ボーナスゲームやライン当選の機種です。

スロットマシンはパチスロやパチンコなどと同じで「大当たり」が存在します。
確率は一般的には公開されていませんが、一定の確率で当たるものです。
当たる確率は公平といえますが、賭け金に応じた賞金配当があります。
ここがパチスロやパチンコと違う所です。

スロットマシンの勝つ確率

スロットマシンの勝つ確率
オンラインカジノのスロットマシンは、還元率が高い事でも有名です。
パチンコ・パチスロの還元率が約80%だとすると、スロットマシンの還元率は約97%にもなるのです。
これだけスロットマシンの勝つ確率が高ければプレイする価値はあります。

またパチスロのような押し目などのテクニックは必要ありません。
確率を制御するプログラムが、設定されていないということは、誰にでも同じ確率のチャンスがあるということになります。
したがって高等テクニックの必要はないのですが、高額当選のジャックポットを狙う為の戦略は必要です。

またペイアウト率が高いスロットが存在します。
沢山回しても減ることが少ないわけですから、長く遊ぶことができますし、ジャックポットまで狙える超優良機種というわけです。
ペイアウト率が98%や99%の機種も実際に存在します。
ただしペイアウト率が高いものは、爆発力に欠ける傾向があります。

ペイアウト率の高い機種を選んで、長く遊ぶことでジャックポットを待つか、波が激しいけれども爆発する機種で挑戦するのか、遊び方は分かれます。

プログレッシブ・ジャックポットの確率

プログレッシブ・ジャックポットの確率
プログレッシブ・ジャックポットは大当たりの機能です。
数十万から数億円のジャックポット賞金を手にすることができます。
プレイヤーが賭けた金額の一部がジャックポット用に積立てられていく仕組みで、多くのプレイにより、ジャックポットの賞金額が上がっていくのです。

リンクド・プログレッシブは、機種ごとにジャックポットが搭載されていますが、グループカジノ間で提供する、同一のゲームのジャックポットが共有されています。
またワイドエリア・プログレッシブは、複数のおオンラインカジノで共有されており、リンクド・プログレッシブよりも、高額の賞金額が積み上がっています。

プログレッシブ・ジャックポット搭載のスロットマシンで獲得できる、平均賞金額は1,200ドル、そしてジャックポット確率は平均で1/60万です。
機種やジャックポットタイプでスタート賞金額が違います。
したがって確率は変わってきますが、1/45,000から1/5,000万まであります。

スロットマシンの確率は平均的に割り出されたものですから、1回転でジャックポットを当てる人もいます。
一方で数百万回のプレイでも、ジャックポットを手にできない人もいるわけです。

スロットマシンのジャックポットで勝つ確率を上げる

スロットマシンのジャックポットで勝つ確率を上げる
ジャックポットを狙うにはMAXベットが基本になります。
ジャックポットの当選資格はMAXベットが条件になっている場合がほとんどだからです。
さらにプログレッシブ・ジャックポット搭載の機種で、ジャックポットを狙うには、できるだけ高額な賭けを設定する必要があります。
ジャックポットの当選確率は一定ですので、掛け金は関係ないように思えますが、実際にジャックポットの当選者は、高額な賭けをしている傾向にあります。

またジャックポットが、落ちやすい機種を選ぶことも重要な要素です。
そういう機種はジャックポット当選者が多いので、落ちやすいと判断できます。
パチスロのようにあたりが多い台は、あたりが続く傾向があると考える事で、利益を上げ続けている、プレイヤーの勝つ確率を上げるコツかもしれません。

またジャックポット賞金額が積み上がっていて、高額になっている機種も狙いましょう。
このように機種やゲームでもスロットマシンの勝つ確率を上げる方法があるのです。

スロットマシンのベット額を頻繁に変えることで、ジャックポットの確率は変動するのでしょうか?
実際にこのやり方で、1日に8度も高額なジャックポットを当てた人もいます。
プログレッシブ・ジャックポット搭載の機種でボーナスゲームが終了してから、100回転を目安に賭け額を変えていきます。
都市伝説的な情報ではありますが、実際に当てているのですから、何らかの要素で期待値は上がっているのではないかと推測できます。
このようなデータからもジャックポットの確率だけではない法則が存在します。

スロットマシンの確率は、機種やゲームによっても変わりますし、確率が高いけれども、それ以上にジャックポット爆発力が魅力の機種もあります。
世界中の多くのプレイヤーが参加しているスロットマシンですから、噂や情報もたくさん出回っていると思いますので、参考にすると良いでしょう。
中にはスロットマシンを長く遊びながら、ジャックポットを当てる達人もいます。
スロットマシンの実数値では見えないコツもあるのです。

ギャンボラは日本人でも楽しめるのか?

リアリティを感じさせるものからコミカルなもの、ストーリー性のあるものまで様々なゲームが用意されているギャンボラは世界中で人気を集めているオンラインカジノですが、「日本人が安心して楽しめるオンラインカジノなのか」という点に注目して解説させていただきます。

ギャンボラは日本人でも楽しめるのか

気になる日本語への対応

日本人プレイヤーとして気になるのはやはり日本語への対応です。
基本的にオンラインカジノは海外の業者が運営していますので、日本人プレイヤーにとっては「海外のサービスで遊ぶ」ことになります。
システムはもちろんですが、何よりまずは言葉の壁に直面させられるものですが、一方では多くのオンラインカジノにとって、日本人プレイヤーを獲得したいと考えていますので、日本語に対応しているオンラインカジノも珍しくありません。

ではギャンボラはというと、公式ホームページは日本語に対応しています。
翻訳の精度も高いのでギャンボラの公式ホームページに於いて「良く分からない表現」「やっぱり言葉の壁を感じる」と思うケースは稀でしょう。
また、公式ホームページ以上に気になる点がカスタマーです。
オンラインカジノはそうそうトラブルが起きるものではありませんが、アクシデントが起きる可能性は0%ではありません。
そのため、カスタマーサポートが日本語にどれだけ対応しているのかもまた、日本人ユーザーにとっては大切な部分となりますが、ギャンボラのカスタマーサポートは365日年中無休です。

日本時間の16:30から24:30までは日本語によるライブチャットも用意していますので、疑問がある場合には直接質問をぶつけることもできますし、時間設定はあくまでも目安です。
指定時間がくると有無をいわずにカスタマーを終了するわけではなく、様子を見ながらなので、仮に24:28から質問したとしても、2分弱しか話せない訳ではありません。
このように、カスタマーが日本語に対応しており、かつライブチャットも用意し、さらには柔軟な対応まで行っているギャンボラは、日本人ユーザーにとってありがたいのではないでしょうか。

気になる日本語への対応

無料で利用できるゲームがいくつかある

ギャンボラは一部ゲームではありますが無料で楽しめるものがあります。
ログインしない状態に於いて、「無料お試しモード」にて楽しめるゲームがいくつかありますので、いきなりベットして楽しむのではなく、まずはどのようなゲームなのか、無料で楽しめるものが用意されている点は日本人ユーザーにとって安心感があるのではないでしょうか。

冒頭でもお伝えしたように、オンラインカジノは日本人ユーザーにとっては基本的に「海外のゲーム」になります。
言葉の壁という大きな問題があるがため、「安心できるのか」という不安があるのも致し方ありません。
その中で、いきなりお金を賭けるとなればどうしても警戒心があるものですが、ギャンボラであれば無料ゲームが用意されています。
無料ゲームを通して、「安心できるのか」「楽しめるのか」を判断できる点は、日本人ユーザーにとってありがたい部分と言えるでしょう。

キャッシュリベートシステム

いわゆるキャッシュバックシステムです。
ギャンボラは、全てのカジノゲームに於いてキャッシュバックが用意されています。
この点もまた、日本人ユーザーにとって嬉しい部分と言えるでしょう。
なぜなら、キャッシュバックは多くのオンラインカジノに用意されているものの、ハイローラーやVIP会員など、一部の選ばれた人間のみが享受できる所が多いです。
ハイローラーやVIP会員はそれだけお金を投入しているからこそなので、オンラインカジノ側としても大切にしたいお客である以上、優遇されるのは当然です。

一方で、そうではないユーザーにとっては不公平感を感じてしまうのも事実。
その点ギャンボラは全てのユーザーがキャッシュバックを受け取ることが可能なシステムとなっていますので、平等性を求める傾向が強い日本人ユーザーにとって、ギャンボラの姿勢は理想に近いことでしょう。

安全性について

安全性について

日本人にとって気になる安全性ですが、ギャンボラはマルタにて法人格を取得した会社が運営しており、ライセンスも認可を受けています。
また、採用しているゲームに関してもマイクロゲーミングやネットエントなど、独自に第三者機関からの判定を受け、安心だと認められているソフトウェアを採用しています。
これらの点からも、安心して楽しめるオンラインカジノだと考えて良いでしょう。

ギャンボラは安心できる!

いくつかの特徴を踏まえると、ギャンボラは日本人ユーザーでも安心して楽しめるオンラインカジノであることが分かるのではないでしょうか。
今回紹介した点を大前提に、多くのゲームが用意されているので豊富な選択肢が待っています。
ボーナスも豊富に用意されているなど、新規だけではなく既存ユーザーも大切にする姿勢を持っているギャンボラは、日本人ユーザーにもおすすめできるオンラインカジノだと考えて良さそうです。

普通に儲かるので不正をする必要がない

オンラインギャンブルに対しての不安

オンラインギャンブルに対しての不安

オンラインカジノは日本のギャンブルにはないメリットが多く詰まったギャンブルです。
24時間いつでもパソコン・スマホから利用できますし、億を超える大金を手にできる可能性もあります。
ゲーム数も豊富で1000種類以上のゲームを提供しているオンラインカジノもありますし、ライブゲームといって、実際に画面越しにディーラーと勝負できるゲームも用意されています。

ですが、オンラインのギャンブルということは、顔の見えないソフトウェアのプログラムとのギャンブルであるため、そのプログラムにインチキなどがないかと不安を感じる方も多いと思います。
正直プログラムにインチキがあったとしても利用する側はそのインチキに気づくことすらできません。
こうした目に見えない部分による不安から日本でのオンラインカジノの人気は海外ほど高いものとはなっていません。

海外政府が合法として認可している

オンラインカジノに対して詐欺、インチキがあるのではないかと不安を持つプレーヤーは本場海外では存在せず、逆に安心して楽しめる安全なギャンブルとして知られています。
こうした海外でのオンラインカジノへの認識は、オンラインカジノが合法ギャンブルであることによるものです。

オンラインカジノはカジノを合法としている国の政府により合法として認められ運営しています。
実際、運営に至るまでにはいくつもの厳しい審査をクリアしなければなりません。
特にオンラインということで心配されるプログラムに対しては非常に厳しく、その他の合法ギャンブル同様にインチキや詐欺紛いの行為がなく、かつ常に公平性が保たれていなければ運営を開始できません。
審査をすべてクリアできると、政府から運営を認可するライセンスが発行されます。
事実、オンラインカジノは取得したライセンスをサイト上に掲げ、自社の運営が合法の下に行われていることを利用者に示しています。

そして、こうした海外政府の厳しい審査はライセンスを取得する時だけではありません。
ライセンスを発行した海外政府は、ライセンス発行後もオンラインカジノが安全性、公平性を維持し運営しているかどうかを常にチェックしています。
運営後に海外政府が定める安全性、公平性の基準を下回ってしまった場合、そのオンラインカジノは運営を停止させられてしまいます。
再び運営を再開するにはもう一度政府が定める条件をクリアする必要があります。
オンラインカジノはこのように常時厳しい海外政府の監視を受けているため、海外では安全性に優れたギャンブルとして知られています。

ゲーム制作と決済は外部の専門会社が担当している

ゲーム制作と決済は外部の専門会社が担当している

オンラインカジノの運営会社は、オンラインカジノの実質的な運営業務しか行っていません。
オンラインカジノの主役であるゲームや利用する上で必要となる決済の部分は、外部の専門会社に委託しています。
こうして利用者ともっとも関わりが強い部分を運営会社以外の会社が担当することによって、運営会社が利益目的で詐欺やインチキなどを行えないような仕組みとなっています。

しかし、運営会社が詐欺やインチキなどを行えなくても、ゲーム制作や決済を担当する他の会社が不正を働いてしまっては元も子もありません。
そのため、オンラインカジノは、業務を委託する会社に対して安全性を示すための監査を受けるよう促しています。
ゲームを担当するソフトウェア会社の場合は、第三者監査機関にゲームのペイアウト率の確認、公平性を保つためのランダム性の確認をはじめ、広く細部にわたる審査を受けています。
決済会社に関しては金融庁から許可を受けているなど、金融サービスとしてのクオリティが証明されているところ以外とは提携していないので、払い戻しが遅れたり、入金額が反映されないなどといったことは起こりえません。

詐欺やインチキを行わなくても利益を出せる

詐欺やインチキを行わなくても利益を出せる

オンラインカジノの運営会社の大半は、資金力・運営能力に長けた一流の会社であるため、目先の利益のためにわざわざ大きなリスクを背負い詐欺やインチキを行う必要がありません。

仮にオンラインカジノで詐欺・インチキが発覚すると、サイトは閉鎖される上に迷惑をかけた利用者に対して多額の支払いもしなければなりません。
更にはライセンスを発行した海外政府からの信頼も失うので、その後会社として運営していくことも難しくなります。

そもそも、すべてのギャンブルがそうであるように、オンラインカジノも必ず運営側が儲かる仕組みになっています。
ただ、オンラインカジノの場合は他のギャンブルよりもペイアウト率を高くしているので、その分運営側の儲けの割合は少ないですが、海外には数千万人というオンラインカジノプレイヤーがいますので、それでも十分に運営を続けていくことができます。

オンラインカジノはこのような一流の会社による運営と確実に利益を得られるその仕組みから、詐欺、インチキなどを行うことはありません。
ただ、これは合法としてライセンスを得て運営しているオンラインカジノの場合に限るので、ラインセンスの掲載のないオンラインカジノは利用しないようにしましょう。

ほとんどの要素において他をリードするギャンブル

誰でもラスベガスに行く機会があったなら、カジノでルーレットやスロットで、賭けてみる経験をしたことがあるかもしれません。
その魅力を一旦覚えると、もうその虜となってしまうはずです。
しかし、カジノの楽しみは必ずしもカジノ会場に足を運ばなくても、楽しめる手段があることをご存知でしょうか?
それはオンラインカジノという新しいネット次代を反映させた新たなギャンブルです。

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノの魅力・特徴

オンラインカジノとは、今ネットに熱を入れている人達がやっているネット対戦ゲームやソーシャルゲームのような感覚でプレイできるオンライン型ゲームに似ています。
しかし、これらRPGなどのネットゲームと根本的に異なる点は、ルーレット・スロットなどのゲームで実際にキャッシュを専用コインに替えて賭けることができて、配当金をも引き当てることができることです。

ネット型ギャンブルでありながら、決して軽く見ることができません。
ラスベガスのような本場カジノの雰囲気を、そのままスマホなどで味わうことができるのが、オンラインカジノの魅力なのです。

インターネットでお金をクレジット決済などでカジノ専用チップを替えて賭けていきますが、それでゲームで勝負に勝つこと、配当金を得ることができます。
オンラインカジノにあるカードゲームやスロットなどのゲーム群は、パソコン・スマホ・タブレットからでもエントリーできるので、インターネットがつながる環境があれば、スキマ的な時間が有効に活用してゲームを楽しめるのです。
場所や時間を縛られることなく、何処からでもカジノのゲームを本場カジノと似た感覚で参加できるからこそ、爆発的な人気を集めているわけです。

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの始まりを見ると、1990年代まで遡ることになり30年近くの歴史があることが分かります。
1990年代は、インターネットが低速回線ながらも本格的に普及し始めてきた時代であり、オンラインカジノと合致したタイミングで広まってきました。

オンラインカジノ自体は、イギリス連邦加盟国アンティグア・パーブーダという小さな国が、オンラインカジノの運営を法的に認めるカジノ運営ライセンス発行の法律を制定したにあります。
1つの国がオンラインカジノの運営を申請事業者に許可することで、インターネットにカジノサイトを公開することができるようになります。

このライセンスの法律ができて以降、ゲームソフトウエアベンダーも含めて、世界に数多くのオンラインカジノが公開されるようになっていきます。

オンラインカジノと他ギャンブルとの違い

オンラインカジノと他ギャンブルとの違い

日本でもいくつかのギャンブルがあり、競馬・競輪・競艇を始め、宝くじやスポーツ振興くじが挙げられます。
これらのギャンブルとオンラインカジノとは、何が異なるのでしょうか?

一番大きな違いと言えば、インターネットを使って賭けることができるかどうかという点でしょう。
最近では、競馬でインターネットで馬券を購入したり、サッカーくじをネット購入することができるようになっています。
しかし、実際にレースや試合が始まらないと賭けが成立しないのですが、オンラインカジノは、24時間365日1年中オープンしていますので、自分の好きな時、始めたい時のタイミングで参加できます。
この点が従来のギャンブルと大きく異なっている点と言えます。

また、スマホで賭けることもできるので、通勤中や待ち合わせ中は勿論、カフェ・バス・電車などの中でも参加して賭けることができるので、配当金を稼ぐチャンスが身近にあるということになります。

自分のしたい時に賭けて、配当金を稼げる楽しさをサクっと楽しめる手軽さがあることもオンラインカジノが他のギャンブルと違う点になります。

オンラインカジノとペイアウト率・キャッシュフロー

オンラインカジノとペイアウト率・キャッシュフロー

従来のギャンブルとオンラインカジノの違いを見ると、ペイアウト率に違いがあることも挙げられます。
ペイアウト率は、「賭け金総額/配当金総額」の比率でどの程度の配当金がプレイヤーに還元されるかを示す指標です。

ペイアウト率をオンラインカジノで見ると、平均95%以上の高い率を維持しています。
しかも、オンラインカジノのペイアウト率は、カードゲーム・ルーレット・スロットマシンなどの全体ゲームを含めた平均値なので、ゲームによって100%近くになるか超えるゲームもあるほどです。
その1つがブラックジャックであり、99%以上になることも珍しくはありません。

しかし、競馬や競輪のペイアウト率は、80%前後で、宝くじなどは60%台に留まっています。
このような状態になっていることから、プレイヤーにとってはオンラインカジノで賭ける方が有利にゲームを展開することができるという理解になります。

片やキャッシュフローに目を移してみると、他ギャンブルと比べて少し環境が悪い状態にあるという見方がオンラインカジノにはあります。
キャッシュフローは、ゲームの勝ち金がどれだけ現金化しやすいかについての指標として認識できますし、ギャンブルでは配当金可能な限り早く現金化することが理想です。

キャッシュフローが高いとそれだけ現金化しやすいことを意味し、競馬・競輪などは。配当金をすぐに現金化することできますが、オンラインカジノは難しいケースが少なくありません。
オンラインカジノのサイトによっては、現金化するために色々な条件が一致しないと、すぐに資金化できないケースがあります。

このような場合には、カジノと提携している決済サービスを併用しつつ、短期間でスムーズに配当金を現金化することができます。
このように仕組みを上手に使いながら、オンラインカジノを楽しむことです。

公に広報されない億万長者続出のギャンブル

インターネットの時代が訪れて早や20数年が経っていますが、その間にも私達の暮らしは大きく変わってきました。
しかも、楽しみ方もインターネットならではのやり方がたくさん生まれてきています。

特にギャンブルの世界では、今までの競馬やパチンコのようなものから、ネット対戦ゲームのようなオンライン型のゲームが広がっているのです。
その先端を行っているギャンブルがオンラインカジノかもしれません。

魅力盛りだくさんのオンラインカジノ

魅力盛りだくさんのオンラインカジノ

オンラインカジノは、インターネットを利用したオンライン型のギャンブルです。
カジノの会場で参加するルーレットやスロット、カードゲームが、そのままサイトにアクセスすることで、すぐにエントリーすることができるのです。

オンラインカジノの魅力は、このゲームの数の多さにあるのですが、カードゲームと言えば、ブラックジャックやポーカー、バカラといったものが、パソコンやスマホで参加できて、賭けることができるのです。
しかも、最近はライブカジノという新しいジャンルでカメラで撮影されたデヒーラーの行動やテーブルに置かれたカードをリアルに見ることができます。
このライブ配信映像を見ながら、次のカードをめくったり、要求することができ、そのまま勝負していきます。
この光景は、その場にいながら勝負をするような感覚になるので、仮想空間でのギャンブルとは思えないくらいの熱いバトルが展開されるわけです。

また、スロットもCGベースですが、高精細な映像でスピーディーに進んでいくゲームの流れに意識が集中。
大当りのジャックポットにヒットさせることができたなら、数千万円の配当金も夢ではありません。
このような本格的なギャンブルがインターネット空間で実現できることこそ、オンラインカジノの最大の特徴でもあり、魅力でもあるのです。

スマホを利用するなら自宅でなくても、カフェなどでゆっくりとコーヒーブレイクをしながら賭けて稼ぐ楽しみも作れます。

オンラインカジノの歴史と構成

このような気持ちがワクワクするバーチャルギャンブルはいつ頃から始まったのでしょうか?

この歴史はそんなに古くはなく、1996年にイリギス連邦に加盟する小さな国がオンラインカジノのライセンスを発行することから始まったとされます。
それから20数年の月日が経っていますが、まさにインターネットと歩んできたと言えます。

オンラインカジノの構成としては、各運営者(胴元)が独自のカジノ専用サーバーを設置して、そこにゲームのコンテンツや入出金、会員データベースなどの管理ソフトをシステム化して、世界のプレイヤーに公開しています。
そのおかげで、世界の何処からでもカジノのサイトをアクセスして、自分の好きな時にゲームで賭けることができるわけです。

また、オンラインカジノのゲームアプリでは、マイクロゲーミング社などの大手のソフト開発会社が常に最新のアプリを開発して提供していますので、プレイヤーが飽きることがありません。

オンラインカジノは日本では合法?

オンラインカジノは日本では合法?

ここで心配になるのは、オンラインカジノは日本で法的に問題がないのかということでしょう。

昔から日本で法的にOKなギャンブルと言えば、競馬・競輪・ボート・宝くじなどの公営ギャンブルに限られていました。
カジノの類いは全て賭博罪の対象となるので、オンラインカジノも違法という風に理解されやすいです。

しかし、オンラインカジノは日本では違法ではありません。
実は、オンラインカジノのサーバーは海外に設置されているので、そこまでアクセスしないと賭けることができません。
このようなことから、日本でのギャンブル行為とは認識されにくいことから、違法とは断定することができないのです。

その一方で、このギャンブルを正式に位置付けている法律が存在しないので、合法とも言い切れないのが実態です。
その結果、グレーソーンという位置付けでオンラインカジノは多くのプレイヤーを集めることになったのです。

オンラインカジノには悪質なサイトもあり

オンラインカジノには悪質なサイトもあり

違法とは言い切れないオンラインカジノと分かると、もう法的な問題を気にすることなく楽しむことができるように思えますが、もう1つ注意しなくてはならないことがあります。
それは悪質なオンラインカジノに騙されないようにすることです。

世界中には、1000とも2000ともいわれるほどの数のカジノサイトが運営されています。
しかし、その全てが安全に参加できるという保証がなく、実際に賭け金や支度金をそのまま持っていかれるトラブルが発生しています。
これもネット時代特有の被害ですが、このような被害に遭わないためにも、優良なオンラインカジノを選択しなくてはなりません。

その場合、サイトに運営許可証であるライセンスが掲載されているかを、会員登録前にしっかりと確認しておくことです。
それができて初めて、安全にカジノで賭けることができるのです。
決して難しいことではないので、このことだけは絶対に守って欲しい点です。

勝ち負けの波の改善は必須要件

ソフトウェア次第で勝ちやすいカジノもある

ソフトウェア次第で勝ちやすいカジノもある

ソフトウェア会社により、勝ちやすいオンラインカジノと負けやすいオンラインカジノがあります。
勝ちやすい会社は、当たりやすいゲームが用意されているというわけではありませんが、好不調の波がそれほど激しいものではなく、軽い当たりなども結構出てきやすいオンラインカジノです。

一方で勝ちづらいオンラインカジノというのは、好不調の波があまりにも激しいものになっており、当たる時には相当すごい勝ち方をするものの、負ける時はとんでもない金額を吸い取られてしまう可能性が高い場所です。
好不調の波が激しいオンラインカジノは瞬時の判断が求められます。

オンラインカジノはソフトウェア次第で変わる

オンラインカジノが採用しているソフトウェア次第でかなり状況は変わります。
ソフトウェアは作成している会社によって波が激しいものもあり、なかなか当たらないソフトウェアもあります。
オンラインカジノでは、一定の確率に制限されたソフトウェアを採用しているものの、ソフトウェアによって的中の幅などが変わっており、確率以上の的中率を引き出す場合があります。
つまり当たりやすいソフトウェアを採用しているオンラインカジノを使えば、勝ちやすい可能性があるのです。

オンラインカジノはソフトウェア次第で変わる

ただ、オンラインカジノのソフトウェアは事前にチェックされており、確率を極端に高めて当たりやすいゲームを作ってはいけません。
同時に的中率の低いゲームを作ってもいけないので、的中率は指定された確率の範囲内に抑えなければならないのです。
ところが一部のソフトウェアは、好不調の波という部分で変化を加えており、本来の的中率よりも当たりやすくなっているもの、当たりづらくなっているものがあります。

ソフトウェアによってかなり変わってしまうオンラインカジノは、採用しているソフトウェア会社によって当たりやすさがかなり変わっていくと考えましょう。
当たりやすいオンラインカジノを選んでおけば勝ちやすくなり、当たりにくいソフトウェアを採用しているオンラインカジノはほとんど勝てないような状況を作ってしまいます。
勝ちやすいオンラインカジノを選択できるかどうかは、ソフトウェアによっても変わっていくのです。

ソフトウェアによる的中率の違いはほとんどない

ソフトウェア会社は、オンラインカジノへ納品するゲームの的中率を一定確率に制限しているため、どの会社を利用しても基本的に的中率自体は変わりません
多少の差があると言えども、的中率自体に大きな差はないのです。
しかし、オンラインカジノへ納品されたゲームは、どのように的中が発生するのか、ソフトウェアで差が生まれています。
ソフトウェアによっては、的中が一極集中のような感じになり、当たらなければそもそも高配当を得られないという問題もあります。

特に波が激しいと言われるのがプレイテックです。
プレイテックは好不調の波が異常なまでに作られており、的中する時はかなり的中していくものの、当たらない時は平然と10連敗以上を作りだすという問題も起きてしまいます。
プレイテック系は昔から的中率の差が激しい傾向にあり、運が悪いと全く当たらないというユーザー泣かせの状態が起きてしまいます。
現在は多少改善されていますが、それでも好不調の波が激しいのは相変わらずなのです。

逆にマイクロゲーミングの様に、あまり好不調の波が起こらないソフトウェアもあります。
確率通りに的中率が生まれる設定にしており、的中したとしてもそのまま的中が連続して発生するわけではないのです。
つまり負けている時でもどこかで大きな的中が期待できる場合もあるのです。
同様にネットエントも波が緩やかなソフトウェアなので、当たらないタイミングでも的中に期待が持てるでしょう。
勝ちたいなら緩やかな波を持っているソフトウェアを選びましょう。

近年はオンラインカジノも改善を促している

近年はオンラインカジノも改善を促している

的中率の波が激しいと、オンラインカジノも悪質な運営をしているのではないかと危惧されてしまい、信用度を失ってしまいます。
ライセンスによってオンラインカジノの運営を認めてもらっている会社側にとって、信用を失ってしまうとライセンスを失う問題が起きてしまいます。
ライセンスを失うわけにはいかないオンラインカジノにとって、ソフトウェアが的中率の波が激しすぎるのは困りものです。
そこで改善を促すように要請しているのです。

的中率が高くなるような方針なら問題はないのですが、オンラインカジノ側が思っていた以上に的中しないという問題が起きてしまうのはかなり厄介です。
そこでプレイテックなどに相談して、好不調の波をある程度改善させているのです。
現在は改善されてある程度は変わりましたが、まだプレイテックの方針がそんなに変わっていないため、的中率の波は残っています。

ソフトウェアによって信用度が変わるオンラインカジノにとって、的中率がしっかり確保される改善はとても重要ですし、将来性にも関わってきます。

オンラインカジノで遊ぶための最低要件

オンラインカジノを始めるためには

オンラインカジノを始めようと考えている方もいるのではないでしょうか。
まず、始めるにあたって、前もって準備する必要があるものがあります。
そして、アカウントを登録する手順などもあります。

オンラインカジノを始めるためには

オンラインカジノはスマホやPCといった様々なデバイスに対応していてその登録手順も違います。
また海外のサイトに登録すると言うことで、入出金に関することでも用意するべきものがあります。
初心者の方は特に不安もあり、知っておく必要があります。

そこで、オンラインカジノを始める際に用意するべきものを詳しく見ていきましょう。

年齢制限をまずはチェックしておこう

オンラインカジノは他のギャンブルよりもネットで遊ぶことができるという気軽さがあります。
しかし、ギャンブルですのでオンラインカジノには、どのカジノでも必ず年齢制限があります
ほとんどの場合18歳未満は登録をすることができなくなっています。

また、カジノによっては、20歳以上というところもありますので、規約はしっかりと事前に確認をしておくようにしましょう。
年齢制限は必ず守る必要があります。

オンラインカジノと軍資金について

オンラインカジノと軍資金について

オンラインカジノを始める際には、まずは軍資金を用意しておきましょう。
オンラインカジノを始める時にまずこれがないと始まらないといえるでしょう。
少ない賭け金から大金ゲットをしたいという方もいますが、ギャンブルですので最初から大当たりが出るとは限らないのです。
いきなり底をついてしまうこともありますので、資金を余裕を持って用意しておきましょう。

逆に十分な資金を用意していておくと余裕が生まれることになりますし、またプロモーションやボーナスなどの獲得資格が生まれることになります。
オンラインカジノは、1ドルから賭けることができて、プレイヤーの任意で賭ける事ができますが、余裕資金を10万円ほど用意しておきましょう。
最低でも5万円程度あれば問題ありません。

決済用のクレジットカードにエコペイズなどのアカウント

オンラインカジノでは入出金のやりとりをインターネット上で行うことになりますので、決済手段を用意しておく必要があります。
主に、オンラインカジノに対応した決済手段ですが、クレジットカードとエコペイズなどの電子決済サービスが主流となっています。
クレジットカードは電子決済サービスへの入金にも使えますし必須とも言えるので、用意をしておくようにしましょう。

特にecoPayz(エコペイズ)などの電子決済サービスは、アカウントを一つ持っておけばオンラインカジノの資金管理全て一括でできますので、便利です。
電子決済サービスを利用する場合は前もってアカウントを作成しておくようにしましょう。

また、クレジットカードについては、複数枚用意をしてこうことをおすすめします。
なぜなら、カード会社側の規制によって使えないケースもあるからです。
複数枚用意しておくことで、使えなかった場合でもカードを替えてみると使えることがあります。
VISAやMasterCardは通用しやすいですが、その他でも使えることも増えてきています。

また、セキュリティコードという裏面の3桁の数字がなければ使えないケースもあれば、キャッシング機能がなければ、使えないこともありますので、注意をしましょう。

身分証明書とスキャナーの準備を

初めての出金の際にはオンラインカジノから身分証明書の提出を求められることがありますので、用意をしておく必要があります。
また、電子決済サービスの利用手続きにも必要になりますので、あらかじめ慌てることがないように用意しておきましょう。

身分証明書とスキャナーの準備を

身分証明書として使える書類はそれぞれのオンラインカジノによって異なりますが、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの証明証が通用しやすくなっています。
そして場合によっては、公共料金の明細書が必要となる場合もあります。
ローマ字の但し書きが必要になるケースもありますので、その場合は但し書きを付け足しましょう。

そして、これらはメールで送付することが必要となりますので、スキャナーを用意しておく必要があります。
高価なものである必要はないので、スキャナーは1万円ぐらいのもので良いでしょう。

収入証明について

オンラインカジノでは、時に収入証明を求められることがあります。
これは、ヨーロッパのライセンスが厳しいということもあり、監査の対策によって、この収入証明が必要になることがあります。
オンラインカジノによっても異なりますが、こちらを求められた場合には、詳細はサポートの方に問い合わせて見るようにしましょう。

インターネットバンキング口座の用意を

オンラインカジノは、銀行口座は払い戻しの際に必須となります。
このため、インターネットバンキング口座を用意しましょう。
この際には、外貨預金ができるものを準備しておくと非常に便利です。
ドルをそのまま預金できる大手銀行の口座を用意しましょう。

オンラインカジノの法的側面は議論の的

オンラインカジノと法律的なこと

オンラインカジノと法律的なこと

オンラインカジノで遊びたいけれど法律的に違法なのではないか、捕まってしまうのではないかと不安に思っている方は少なくありません。

オンラインカジノはインターネット上で出来るギャンブルです。
カジノということで、違法であるというイメージがあります。
しかし、結論から言うと、オンラインカジノは違法でもなければ合法でもないというグレーゾーン的な存在です。
法律のグレーゾーン、抜け道という言い方がありますが、オンラインカジノはまさしくそのグレーゾーンなのです。

オンラインカジノは合法とも言い難く、且つ違法ともいえない存在なのですが、その理由について詳しく見ていきましょう。

オンラインカジノの法律は存在しない

日本の法律には、現在オンラインカジノに関する法律そのものが存在しておらず、法的にオンラインカジノに関することが判断されていない状態です。
たとえば、法律で具体的に禁止されていれば違法なのですが、オンラインカジノに関する法律が存在しないので、合法とも言い難いですが、違法ともいえないのです。

オンラインカジノの存在がグレーゾーンと言われるのはこういった事情です。

日本の法律が制定されたのはかなり昔のことですので、インターネットが普及した現在、法律はまだ整っていない状態です。
たとえば、インターネット上の誹謗中傷ですら、法律で裁くことが出来ないのです。
オンラインカジノについての法律も、現状では存在していませんし、カジノ法案が成立してからも、具体的に明記されていないのが現状です。

オンラインカジノと賭博罪の問題について

日本の法律で明記されていなくても、オンラインカジノは賭博罪に引っかかるのではないかと思われがちです。

オンラインカジノと賭博罪の関係ですが、実は賭博罪には種類があり、プレイヤーがお金を賭けてギャンブルをすることを禁じる賭博罪、そして賭博する場所を提供する行為を禁止する賭博場開帳図利罪という法律が存在します。

オンラインカジノと賭博罪の問題について

オンラインカジノについては、海外で運営されているカジノを日本人が国内でプレイをするという特殊な事情があります。
海外旅行先で日本人がカジノで遊んでも問題にならないように、オンラインカジノもこれと同様になります。
賭博に関する法律は日本の法律のみであり、国内でのみ適用されることになり、海外のオンラインカジノを裁くことは出来ません。
このため、オンラインカジノに賭博罪を適用することは出来ないのです。

オンラインカジノそのものは合法である

オンラインカジノそのものは、海外においてライセンスが発行された上で運営されています。
国から正式に許可を受け、厳しい審査をクリアした後に、ライセンスが発行されますので、オンラインカジノ自体はなんら違法性のないものです。

日本の法律だけで、オンラインカジノを取り締まろうものなら、国際問題に発展してしまう危険性すらあり、日本国内の法律だけで、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを裁くことは非常に難しいです。

日本国内で運営されているオンラインカジノは違法

ここで気をつけたいのは、あくまでも海外で運営されているオンラインカジノは問題ありませんが、日本国内で運営されているオンラインカジノは違法になってしまうということです。
日本国内でサーバーが置かれているということは、日本国内に胴元があることと同じになります。
お金を賭ける場所を提供していることになってしまい、賭博罪が成立してしまいますので、日本国内に運営会社があるオンラインカジノはプレイしないように気をつけましょう。

インカジの問題点について

オンラインカジノとインカジは混同されがちですが、これらも全く異なりますので、理解しておくようにしましょう。

インカジとは、日本国内のネットカフェのような店舗で営業されているカジノカフェです。
インカジも、国内のオンラインカジノと同様に、胴元が国内にあることになります。
従って、賭博罪が成立してしまい、摘発の対象となりますので、気をつける必要があります。

インカジの問題点について

インカジは、店内で精算を行っていることから、警察が踏み込めばその場で逮捕されてしまう可能性も高いです。
自宅でプレイをするオンラインカジノとインカジは全く別のものと考えておく必要があります。

オンラインカジノで逮捕される心配はない?

オンラインカジノは、このように海外で運営されているという事情もあり、賭博罪が適用されにくい構図になっています。
さらにオンラインカジノは法律にも明記されておらず、違法でもなければ合法もないので曖昧な存在です。

2016年に一度、日本国内で初のオンラインカジノプレイヤーが逮捕されてしまった事件がありましたが、最終的に不起訴処分となっています。
海外で合法的に運営されているからこそ、違法性を立証しにくく、今後も検察が同じようにプレイヤーを摘発することは考えにくいです。
従って、今後も安全に遊ぶことが出来ると考えて良いでしょう。

先行する不安の解消に尽力している

先行する不安の解消に尽力している

カジノと聞くと遠い外国の華やかなギャンブルという印象を持たれるかもしれません。
しかしインターネットですぐに始められて、意外と一般の人でも親しみやすいものも存在するのです。

そんな身近で楽しめるギャンブルであるオンラインカジノはどのようなものか、どういった魅力があるのかについて見ていきましょう。

オンラインカジノでよく聞かれる不安や疑問

インターネット上には現在ありとあらゆるゲームが存在します。
グラフィックも美しいですし動作もすごくスムーズです。
そんな中で本当に、ネットゲームのように気楽に楽しめるのがオンラインカジノです。
様々なゲームの種類があり、定番のルーレットやスロットも豊富です。

しかし始めるにあたり気になるのが日本語しか分からないから不安、というものでしょう。
確かに英語がよく使われていますが、日本語対応のサイトも意外と多いです。
なぜそんなに多いのかと言うと、日本はまだカジノが整備化されていませんから潜在的なニーズがくすぶっているのです。
カジノは無いのに公営ギャンブルは大人気、という国ですから運営会社としては日本人は重要なお客様なのです。

多くの外国のサイトにありがちな日本語翻訳ページなので、文法は完璧では無いかもしれません。
しかし意味は十分分かりますし、それで存分に遊べている人が居るのは確かです。
言語の問題で無くとも、お金が引き出せないだとかの心配をする人が居るかもしれません。
日本国内のサイトだと安全で外国だと怪しい、という風潮はあるでしょう。

オンラインカジノの場合はそれぞれの政府に認可を貰って運営しなければなりません。
カジノはギャンブルの中でもかなり慎重に規制されていますから、オンラインカジノでもやはり同じように厳しいです。
出金に応じなければすぐに悪評が広まってライセンス没収となるでしょう。
今の時代は情報拡散が早いですし、それがインターネットサービスならばなおさらです。

オンラインカジノでよく聞かれる不安や疑問

時には厳しい出金条件が課されている事もあります。
この位お金を賭けていないとあなたに出金の資格はありません、といった規約です。
政府に認可されているのですから、極端に厳しい条件では無いのでしょう。
難しいと感じたらそれは、そのオンラインカジノが大口利用者をターゲットにしているという事です。

もっとライトユーザーをターゲットにしたカジノサイトは、他に沢山ありますからそちらを使ってみるのも良いかもしれません。

オンラインカジノの代表的なゲーム

オンラインカジノは本場のカジノさながらのバリエーションがあります。
ルーレットはシンプルなルールで、どの数字に玉が落ちるかを予想します。
オンラインなのでゲームのような画面で行うものが多いです。
しかし実際にディーラーが映像に出てくるタイプもあり、基本的にディーラーは女性が多いです。

オンラインカジノの代表的なゲーム

オンラインカジノは欧米系が多いですが、アジア系も少なくなくアジア人は中国語などを話しますが言葉は分からなくても画面を見れば分かります。
映像で映し出されるルーレットメニュー画面にも反映され、表示も日本語でなのでとても見やすいです。
外国との通信ですが気になるほどの遅れはありません。
あるとすればパソコン自体のスペックや通信環境なので、推奨されるコンピュータ環境を整えていれば問題無いです。

イカサマをするか?という心配もあるでしょうが、オンラインカジノは本物のカジノの常連も多数利用しているのでそんなごまかしは通じにくいでしょう。
バレればネット掲示板などにすぐ書かれるので、一気に利用客が減ってしまいますからオンラインカジノ側もそこはとても神経質になっています。

スロットはその名の通り普通のスロットゲーム、7が3つ揃えば大金GETといったシンプルな仕組みです。
7が一番還元率が高くフルーツや動物など他の絵柄がそれに続く、という流れは他のスロットゲームでも見られるものです。
画面にスロット台が出てくるのでボタンをマウスクリックするだけで結果が出ます。

スロットでよく聞かれる確率操作ですが、システム自体はもっと大きなゲーム専門企業が組んでいて第三者機関の目もあるので操作は難しいでしょう。
スロットの種類によっては出にくいなどの違いもあるでしょうが、カジノだけに限らず基本的にギャンブルは胴元が最終的に儲かる仕組みです。
操作をせずとも十二分に儲かるので、小細工をしかけるリスクは負わないのが賢明です。

そういった事から、確率操作やイカサマが行われる可能性は低いと言えるでしょう。

まとめ

オンラインカジノは世間一般に思われるているイメージよりずっとクリーンで、さらにペイアウト率も高く稼ぎやすいです。
支払い方法も世界的に有名なecoPayzなどが導入されていますし、馴染みやすい遊びだと言えます。
現在ではいくつものオンラインカジノがありますが、それぞれに魅力があってまずは面白そうなゲームがある所から探すのが良いでしょう。
自宅でも、スマホなら外出先でも遊べるオンラインカジノを存分に楽しんでいきましょう。